定期更新は一時休止中です。
たまにRapunzelや何かを書きます…多分。

Top
Rapunzel-いたむ
気が向いたときに書く言葉たち
だからラプンツェル(?

書きたくて書いているだけなんで、批判意見いりませんw






いたむ


生きていると思っていた人が、何時の間にか死んでいた。
私の中で、その人は生きている・生き続けているものだと思っていた。
でも、もう死んでいた。最後にみたのは古い卒業写真の気弱な笑顔。

何時の間に消えてしまったのだろう。
人は生き続けているものだと思いこんでいた自分を恥じた。

若くして死んだその子のことを少しだけおもう。
その子の死因も知っている。何を願っていたのだろう。
何故それをもとめていたのだろう。

死んでからずいぶん時がたっていたが、その子の死を悼んだ。
直後に悼むことはなくても、眠る場所へいくことはなくても、
ただ、悼んだ。そして、また写真に目を落とす。

後数年したらまた…誰か何時の間にかいなくなってしまうんだろうか。
何時気がつくのだろう。何時悼むのだろう。何を手向けるのだろう。

雪が未練がましげに落ちては溶ける中、朧気にみた小さな夢

人生の交差点をすぎ、後ろ姿しか見られなくなった人を目で追う。
その人の行く道の向こう側が霞んで見える。行くなと言っても声は届かない。
風が頬をなで、ゆっくりと耳元に囁いていく。

「お前の声はもう届かない」


夢の声は、自分の心の代弁か。目が覚めた。

湯気の立つティーカップをただただぼんやりとみつめる。
せめて、記憶の中で生きているその子を想った。
一粒の涙さえ零れない。零さない。零せない。
もう逢う機会がないことだけが、死を実感させる。

以前も感じた「もう逢えない」という越えられない境界
何時もより、ずっとずっと遠く感じた。
[PR]
by cafestar | 2006-02-21 23:04 | ラプンツェル
<< Rapunzel-雨 ナンバーポータビリティ >>



CafestarのAdmin@エヴァンゼリンが書き綴りまする。時に日常、寓話、映画…と徒然なるままに。
by cafestar
Calendar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介&HP
*カウンタ*

自己紹介
*名前:エヴァンゼリン
*趣味:汝は人狼なりや?

リンク
*Cafestar HP
*Gallary Cafestar
*エヴァの本棚
カテゴリ
日々精進
映画の御話
音楽の御話
楽しい手料理(壊
バトン
汝は人狼なりや?
薄氷の舞台
ラプンツェル
ライフログ
お気に入りブログ
農家の嫁の事件簿
today's elec...
兄貴の独り言
エロエロ戦隊エロレンジャ...
梅田ではたらく社長のblog
漢方専門薬剤師による漢方...
以前の記事
2011年 06月
2010年 07月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
最新のトラックバック
シルバークレイ
from 最近はやりの・・・
みたらやらないといけない..
from 徒然ふたり言。
チャーリーとチョコレート工場
from 映画INDEX
「Master of p..
from 君、ちょっとCD棚の整理を手..
#37:コープス・ブライ..
from *KAZZの呟き*
ウォンカの視点で観てみる..
from 桂木ユミの「日々の記録とコラ..
映画「チャーリーとチョコ..
from 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の..
チャーリーとチョコレート工場
from シネクリシェ
無くした舵
from    ニ ュ ー ヨ ー ク..
チョコレート工場にもっと..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧