定期更新は一時休止中です。
たまにRapunzelや何かを書きます…多分。

Top
Rapunzel-3つの欠片Vol3
気が向いたときに書く小説。
だからラプンツェル(?

書きたくて書いているだけなんで、批判意見いりませんw

珍しく長いです。そのうち続きます…。書きたいので…。






3つの欠片Vol3


居間へ入ったアインは、この洋館についてふと思った。
「スゥらしいと言うべきなのかしら。何処までも白いのに上にのしかかる屋根は黒く、
奇妙に歪んでいる。…いえ、私たちすべてらしいと言えば良いわね…。
そして、周りの雪原、この雪原は溶けないはずだった…そのはずなのに、
どうして、“時”が動き出したのか、今まで見つかることの無かった仮面が
ばれた上にはげたせいかしら?」

アインは、テーブルにおかれた煙草入れとライターを手に取り、
手慣れた感じで、火をつけ、深く吸う。紫煙が吐き出される。
ソファーに座り、ゆっくりと燻らせ、言葉を独り呟き続ける。

「仮面をこのままつけていたからといって幸せとは限らないわね。
スゥのように形而上であっても、もっと素直に生きていければ…
ニィのようにずっと願うものがあって、それ故に生きていければ…
…私は何のために生きているのかしら?産み出されたこの方、
“代行者”としてこの生を存続することだけを存在意義として与えられ、
気がつけば、器として2人を支え、私自体には意味が無くなってしまった。」

手にした煙草の灰が零れそうになっているのをみて、あわてて灰皿に押しつけ、
新しく1本取り出し、火をつけ、また思案に沈む。

「何を私は願う?何を求めている?…結局はstereotypeの幸福論なのか?
stereotypeの罪過論なのか?求めるものは、当たり前で何時もそばにある
もので、使い古されたただ1つの言葉で表されるものなのか?
…その答えをあの人に、『らしくないでしょう?』と笑って言ったのは私なのに。」

ふっとアインの目が和んだ。“あの人”のことを心に思い浮かべたのだろう。
そして、この感情が誰のものなのか気がついて、苦笑し呟いた。
「スゥの気持ちだね…例え形而上でも、例え側へ行けなくても、
必死に想っているんだね。…泣きたい位に、“あの人”を想っているんだね。
…スゥ、分かってるよ。だから貴女はニィと反目しあう。
そして、形而上の殻を破り、自分が実体となって“あの人”に逢いに行きたいと
願い、あの瞳に映り、あの腕で抱きしめられたいと切に祈っている。」

そして、ふとニィのことを考えた。心を手繰り寄せる。
「ニィは自分が許せないんだね。私たちが生まれた原因を創り出した自分自身と
それを回避できず、そして、何も出来ずただ泣いているだけしか出来なかったことを。
そして、14歳のまま、心を凍らせて、水底に閉じ籠もり、気がつくと強い亀裂と相反する
スゥが後天的に生まれて、構成する欠片は3つに割れてしまったこと…そして、その
原因がすべて自分にあるということ、亀裂を修復できたのがスゥであること…
自分が無力であるが故に、認められない…幼さは14のまま…ってことなのね。」

2人の気持ちが“器”であるアインへ流れ込んでいく。
吸わずに何時しか灰になった煙草は、何時の間にか灰皿に
乗せられて、灰の山を築いていた。

アイン、ニィ、スゥ3人は終わる時を確かに感じていた。
[PR]
by cafestar | 2005-11-25 23:37 | ラプンツェル
<< Rapunzel-3つの欠片Vol4 Rapunzel-3つの欠片Vol2 >>



CafestarのAdmin@エヴァンゼリンが書き綴りまする。時に日常、寓話、映画…と徒然なるままに。
by cafestar
Calendar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介&HP
*カウンタ*

自己紹介
*名前:エヴァンゼリン
*趣味:汝は人狼なりや?

リンク
*Cafestar HP
*Gallary Cafestar
*エヴァの本棚
カテゴリ
日々精進
映画の御話
音楽の御話
楽しい手料理(壊
バトン
汝は人狼なりや?
薄氷の舞台
ラプンツェル
ライフログ
お気に入りブログ
農家の嫁の事件簿
today's elec...
兄貴の独り言
エロエロ戦隊エロレンジャ...
梅田ではたらく社長のblog
漢方専門薬剤師による漢方...
以前の記事
2011年 06月
2010年 07月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
最新のトラックバック
シルバークレイ
from 最近はやりの・・・
みたらやらないといけない..
from 徒然ふたり言。
チャーリーとチョコレート工場
from 映画INDEX
「Master of p..
from 君、ちょっとCD棚の整理を手..
#37:コープス・ブライ..
from *KAZZの呟き*
ウォンカの視点で観てみる..
from 桂木ユミの「日々の記録とコラ..
映画「チャーリーとチョコ..
from 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の..
チャーリーとチョコレート工場
from シネクリシェ
無くした舵
from    ニ ュ ー ヨ ー ク..
チョコレート工場にもっと..
from 万歳!映画パラダイス〜京都ほ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧